血流の悪くする生活習慣が薄毛を促進する

薄毛の原因は遺伝的な要素もありますが、遺伝的な原因ではなかったとしても血流が悪くなることで抜け毛が増えてしまいます。

髪の毛は血管を通って運ばれてきた栄養を毛母細胞が受け取って成長します。

薄毛関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

ところが、血流が悪くなると栄養は毛母細胞まで届かず、髪の毛が成長できないからです。
そして血流が悪くなる原因の多くは生活習慣にあります。薄毛を促進する生活習慣としてまず挙げられるのが喫煙と過度の飲酒です。

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させて血流を悪くすることはよく知られています。また、過度の飲酒もよくありません。
適度な飲酒であれば血行は良くなりますが、飲みすぎると血中の水分が少なくなったり、血液に中性脂肪が流れ出しどろどろになって血流が悪くなります。
次に挙げられるのがストレスです。



過度なストレスは円形脱毛症の原因になりますが、小さなストレスが溜まっていっても薄毛の原因になります。
人はストレスを感じると筋肉が固まり血管も収縮します。


日常的にストレスを感じていれば毛髪まで栄養が届かずに抜け毛が増えてしまうでしょう。
運動不足や過度のダイエットもよくありません。


運動不足は代謝を低下させ血の巡りが悪くなります。



過度のダイエットは栄養不足、ホルモンバランスの乱れを引き起こし同じく代謝を低下させる原因になります。

これらの血流を悪くする生活習慣を改めることで薄毛が改善する可能性があります。
抜け毛が増えてきたなと感じたら、まずは生活習慣を見直すことから始めましょう。